「前日までの保育の予約」対応実績 98 % 「当日の保育の予約」対応実績 98 %

法人利用はこちら

新規登録

ログイン

ゲスト利用

ハニークローバー

乳児用液体ミルク(読売新聞10月5日)

トップ対応エリア 乳児用液体ミルク(読売新聞10月5日)

乳児用の液体ミルクの販売が今年3月に開始され、半年が過ぎました。コンビニやサービスエリアなど出先で購入できる手軽さだけでなく、
常温で保存できて温度調節の必要がないので、手間をかけずにすぐ与えられる点も好評な理由の一つのようです。
粉ミルクに比べると割高で、賞味期限が半年~1年と短いという課題もありますが、大阪府東大阪市では期限が近づいたものは乳児が集まる保健センターなどで活用する予定だそうです。
災害により停電や断水が起こってしまった場合、液体ミルクのニーズはとても高くなります。実際に9月に台風被害にあった千葉県では救援物資としてメーカーや他の自治体から液体ミルクが届けられました。
乳児のいる家庭は、自宅での備蓄も検討したほうが良いでしょう。一緒に紙コップの備えもあれば、哺乳瓶が手元にない場合も安心です。
「いざという時のために普段から試して使い方を把握しておく必要がある」と日本栄養士会は話します。
液体ミルクが日常的に用いられるようになれば、おじいちゃんおばあちゃん、お父さんも手伝いやすくなり、お母さんの授乳の負担なども軽減されそうです。

一覧に戻る
pagetop