ハニークローバー

多胎育児を相互支援する団体の設立(中日新聞10月8日)

トップ対応エリア 多胎育児を相互支援する団体の設立(中日新聞10月8日)

愛知県豊田市で昨年1月に三つ子の母親による児童虐待の事件を重く受けた豊田市内に住む多胎ママ達が多胎育児を相互支援する団体を設立させました。すでに近隣の愛知県や岐阜県でも支援の輪が広がっており、実際に育児する当事者目線でのサポートの強化と連携を目指しているということです。豊田市で設立されたのは支援団体 「ぶるぷるネットあいち」で、現在毎月第1、第3木曜日に豊田市内で交流会を開いて、ゆくゆくは法人化を目標に、産後の多胎家庭を訪問して育児を手伝うなど、幅広い活動を目指している。

一覧に戻る
pagetop