ハニークローバー

子供の成長に関わる「運動の関係」とは(宮崎日日新聞10月3日)

トップ対応エリア 子供の成長に関わる「運動の関係」とは(宮崎日日新聞10月3日)

子供の成長期に影響を及ぼす「運動」ですが、最近では子供が思いっきり遊べる機会が減ってきている現代社会。
そこで、親や大人の方が意識的に子供に運動をさせてあげる、ということが重要になってきます。
近年、「少子化」や「近隣住民との交流の関係性の薄さ」また、「当たり前のように普及しているゲームやスマートフォン」など、外出せずに室内でもできる遊びが増えた事などが挙げられます。
しかし、これに慣れてしまうと「リズムに合わせて体を動かしにくい」「転んでも反射的に手を出せず、怪我をしやすい」などのように、日常生活にも大きく影響してきてしまいます。

【子供の発達時期は、人生に一度きり】
俗に言う「運動神経が良い」とは、速く走れる事や優れたスポーツの才能があることではありません。いかにスムーズに脳から各部位に伝達できるか。
プレゴールデンエイジの「5~8歳」、ゴールデンエイジの「9~12歳」の間は神経系の発達が著しいのです。
運動は、メンタル効果があることにも注目されています。
「達成感が自信に変わる」「挫折に強い心が育つ」「チャレンジ精神が生まれる!」
良いことだらけなのです。

一覧に戻る
pagetop