ハニークローバー

【東京】雨の日でも遊べる!幼児が過ごせる室内の遊び場3選

トップ対応エリア 【東京】雨の日でも遊べる!幼児が過ごせる室内の遊び場3選

自然にはうれしい雨でも、外で元気に遊びたい子供の子育てを頑張っているお母さんには気が重たくなってしまう雨の日。
雨の日が続いてしまうと、子供も走れないストレスがたまってきて、親子でイライラしてしまいますよね。


そんな時には天気を気にせずに遊べる室内の遊び場へお出かけしましょう。
料金はかかってしまいますが、家ではできない体験がたくさんできる、魅力たっぷりの東京室内遊び場を3件、紹介します。


ファンタジーキッズリゾート多摩
https://www.fantasyresort.jp/tama/

【時間】
[平日]10:00~18:00
[休日]10:00~20:00

【利用料金】
年会費1家族350円
1時間480円~


2019年4月24日にオープンしたばかりの新しい施設、ファンタジーキッズリゾート多摩。
12歳までの子供が遊べる日本最大級の全天候型室内遊園地です。

室内なのに、思い切り体を動かして遊ぶことができるので、体力を持て余してしまう元気なタイプのお子さんや、あまり動かなくて困っているというお子さんの興味関心を引き出せる遊び場がいっぱいあるのでピッタリの場所。

親子で一緒に楽しめるふわふわの大型遊具から、砂場や工作など、使える五感をフルに使って全身で体験・遊びに集中できる環境が揃っているので、飽きることなく一日中遊べますよ。

さまざまなイベントもあるので、事前にホームページのカレンダーで確認してみてくださいね。



東京ドームシティ アソボーノ!
https://www.tokyo-dome.co.jp/asobono/


【時間】
[平日]10:00~18:00
[土曜日・日曜日・祝日]9:30~19:00


【料金】
小学生以下950円
大人(中学生以上)950円


東京ドームの敷地内にある屋内型キッズ施設「アソボーノ!」。
親子で一緒に楽しめる遊び場として大人気のスポットです。


この施設の大きな特徴は、大きく分けて体を動かすエリア、頭を使うエリア、ベビー専用エリア、男の子が好きなおもちゃがあるエリア、女の子が好きなおもちゃがあるエリアに分かれていること。


専用エリアに分かれていることで、必ずどこかの専用エリアに興味があるものがあるのではないかと思う程、各エリア充実しています。


また、ベビー専用エリアが分かれているというところもポイントが高いですよね。
まだまだ制御が難しい子供同士、まして乳幼児と幼児が同じ空間で遊ぶこと自体、親はお互いにずっとヒヤヒヤ、ヤキモキしてしまうので、専用エリアに分かれていることで安心して遊ばせることができますね。


キドキドよみうりランド店
https://kidokid.bornelund.co.jp/yomiuriland/


【時間】
10:00〜18:00

【料金】
子供 最初の30分 600円 以降10ごとに100円~
大人 600円(追加料金なし)

よみうりランドに併設されているキドキドよみうりランド店。
高い天井と開放的な窓が印象的なお店なので、室内ですが緑の木がたくさん見えるのでまるで外で遊んでいるような雰囲気です。


6か月からの赤ちゃんもベビーゾーンという専用ゾーンで安心して遊ぶことができ、広い店内をたくさん走れるので、幼児にもピッタリの遊び場。


親と一緒に体を使って体験できるサイバーホイールや、脳を刺激する知育玩具、ごっこ遊びなど、多様性のある遊びが用意されているので、親子で楽しい時間を過ごすことができますよ。



まとめ|さまざまな仕掛けや工夫によって遊ぶだけで脳トレになる室内遊び場

子供にとって安全、親にとって安心、を提供してくれる室内遊び場。
家ではこんなにたくさんの遊具やおもちゃを用意することは難しいので、遊ぶだけで脳が刺激され、お子様の興味関心スイッチがONになること間違いなし。


室内遊び場で子供が興味を持ったおもちゃなどを参考にすれば、家での1人遊びにも応用ができますよね。
うまくその要素を取り込んで、育児ストレスを少しでも減らしていきましょう。

親子でたくさん遊んで、たくさん楽しんでくださいね。
一覧に戻る
pagetop