病児保育はどのようなときに利用できるか

2021年9月13日

病児保育

病児保育とは病気を患うお子さんを一時的に指定施設やご自宅訪問し預かってくれるサービスです。保育園や幼稚園にお子さんを預け共働きのご両親をサポートしてくれます。
ではどのようなときに利用できるのでしょうか。突然の発熱や、指定出席停止病気の回復期など、概ねの病時に利用できます。

病児保育とはどのようなサービスか

利用するにもその病児保育サービスの内容は気になりますね。内容をしっかり確認・把握することで大切なお子さんを安心して預けられます。対象年齢の幅は広く生後間もなく~10歳、15歳未満というサービスもあります。
食事・トイレのお世話、事前に引き継いだお昼寝など生活リズムに合わせて対応してくれます。急に病状が変わったというときは親御さんと連携を取ったうえで、担当シッターが代わりにかかりつけ医へ連れて行ってもらえます。投薬のご依頼も可能です。詳細を指示しておけば、体温の条件で座薬を投与するなど、熱性けいれんの対応も含め投薬もしてくれます。指示は専用アプリでできるので引継ぎ時の時短になります。

病児保育中のシッターからの報告は逐一専用アプリを通じてリアルタイムで確認していただけます。37.5度までの熱であれば2時間おき、37.5~38.5度までの熱であれば1時間おき、38.5度以上の熱であれば30分おきに検温を実施しますので都度報告が入ります。また、おむつ交換(確認のみも含めて)、水分補給、着替えなどの保育の動作毎に報告が入ります。睡眠時は3歳以下は5分ごと、4歳以上は15分ごとに呼吸の確認をしますが、その報告も入ります。睡眠時はお子様がうつ伏せにならいようにフォローをいたします。

来て欲しい病児シッターをマッチング指名することができるのか

共働き世帯が増加する近年、病児保育の需要は高まっています。それに呼応しシッターサービスは充実してきました。
来て欲しい病児シッターさんを指名することができます。マッチングというサービスです。シッターの経歴やこれまで利用した方の口コミを参考に希望に合うシッターさん探しが可能です。シッター側の希望料金も提示されています。料金については交渉することもできます。特に指名をしないで画一料金でシッターを依頼することをシッター派遣サービスと呼びますが、一度シッター派遣サービスをご利用になり、いいシッターさんがいた場合は次回以降を指名マッチングで予約することが使い方としては賢いです。

前日夜、当日朝の予約はできるのか

突然サポートが必要になることもあります。シッターサービスは前日夜・当日朝の予約も可能です。電話応対は平日9:00~18:00、日曜は14:00~18:00ですが、その時間外も24時間専用アプリで受付可能です。夜中の発熱にも翌朝慌てて予約することなく仕事に向かえるのは嬉しいサービスです。当日でもシッターの状況を確認し、空いていれば予約可能です。マッチしたシッターに直接連絡もできます。

どのような病気に対応してもらえるのか

病気といっても様々です。保育園・幼稚園、小学校に通っているお子さんが患う病気・感染症のほとんどが対応してもらえます。お子さんの急な欠席・看病が必要になっても病児保育で対応してもらえ、利用可能です。
対応可能な疾病をあげると、風邪、インフルエンザ、プール熱、急性胃腸炎、RSウイルス、ノロウイルス、ロタウイルス、おたふく風邪、気管支炎、水疱瘡、手足口病、とびひ、結膜炎、マイコプラズマ肺炎、溶連菌、リンゴ病など、一般的な疾病において基本的に全て対応できます。

事前の通院をしていなくても利用できるのか

病児保育を受けるために事前の通院は必要ありません。事前の通院なしでも急な予約で利用することができます。予約時に症状の詳細をお伝えいただくことが必要ですが、必要に応じて病児シッターが親御様に代わって病院に連れて行ってくれるので安心して仕事に行けます。病児のシッターが通院同行をした場合、医師や薬剤師から受けた内容を報告書にまとめて紙面で親御様に提出し、同時に専用アプリにてお子様の様子も含めてリアルタイムで報告をします。
ただしコロナ禍においては事前の通院がないとシッターの手配に難航することがあり注意が必要です。

まとめ

ご両親共働きで小さいお子さんがいる、近くに頼れる身内もいないご家庭において、病児保育というサービスを利用できるのは大変に心強く助かるものです。安心して子育てをしていけます。
自治体ではご家庭の状況に合わせ利用料を助成してくれるなどサポート体制を整えています。その際に必要な領収書はサービス専用アプリからダウンロードできます。
気になる方はお住いのホームページをご覧ください。

前の記事へ

子育て中の「孤独感」 実は多くのママが経験していた?対策や対処法をご紹介!

次の記事へ

絵本の読み聞かせは親から子供への宝箱

関連記事

詳しく見る